お問い合わせフォーム

お問い合わせはお気軽に
011-727-7003

廃プラスチックからエネルギーをつくる“e-PEP”

e-PEP=廃プラスチックの地産地消リサイクル+新エネルギーマネジメント

エルコムの発泡スチロール圧縮ノウハウと、
廃プラスチックを安全に完全燃焼させて熱エネルギーを回収する小型樹脂燃料ボイラーの開発により、
廃プラスチックの新しいリサイクル方法”e-PEP”
~地産池消の廃プラチックのリサイクル及びエネルギーマネイジメントシステム~が誕生しました。

e-PEPは、高額なコストや長距離運搬が不可欠だった今までの廃プラスチックのリサクル方法と違い、
発生場所で低コストに廃プラスチックを樹脂ペレット燃料にして、
あらゆる産業から生まれる廃プラスチックを大切なエネルギーとして社会へ循環する
”資源の消費・環境への負荷・社会的コスト”を最小限に抑えるecoソリューションです。

廃プラスチック処分費用ゼロ

e-PEPは、廃プラスチックをペレット燃料化します。汚れている、多種類の樹脂が混合している、リサイクル処理コストが高いなどの理由から、廃棄処分される廃プラスチックの処分費用を軽減します。

燃料コストを削減

発生する廃プラスチックを燃料化してエネルギー利用することにより、従来のボイラー燃料コストに比べて約50%の燃料コストの削減が期待できます。
※A重油価格が平均78円とした場合

新たなエネルギー確保

ヨーロッパの環境先進国では、ベストなリサイクル手段として、廃プラスチックの70%以上がエネルギー利用されています。e-PEPでは、ペレット化された廃プラスチックはリサイクル燃料としてエリア内でエネルギー利用ができます。

新たなリサイクルの選択肢

現在、日本ではリサイクルするために遠い海外まで運搬されるケースが多いのが現状です。エネルギー消費の抑制や環境負荷の低減にならなければ、リサイクル本来の意味がなくなります。e-PEPはエリア内循環完結型リサイクルとして、新たな選択肢を提案します。

化石燃料依存を軽減

ゴミを代替エネルギーとして利用することにより、原油価格や為替などよる燃料費の変動リスクを軽減します。ゴミマネジメント=エネルギーリスクマネジメントができるのが、e-PEPの最大の特徴です。

CO2削減

原油を輸入して精製する重油や灯油に比べて、廃プラスチック排出先で燃料化するe-PEPは約1/4にCO2を削減します。また、リサイクル工程がエリア内で循環し完結するため、環境負荷を最小限に抑えます。

e-PEPができること

01廃プラスチック処理に困っている

国内外で価格変動するインゴット方式ではなく、ペレット燃料化することで買い手のつかない廃プラが燃料としての売却、再エネルギー化可能です。

廃プラ処分費用がゼロ+売却益

事業で発生する廃プラスチックをe-PEPペレット燃料製造機でペレット燃料化することにより、処分運搬コストがゼロになり、廃棄物から有価物に変わります。ペレットは、国内の専用ボイラー燃料として使われるため、海外のプラスチック市況に左右されにくく、製造されたペレット燃料は、マネジメント会社の株式会社サントレが有価にて買取いたします。

樹脂ペレットの燃料価値は?

廃プラスチックは石炭や石油と比べても同等の高い発熱量があります。廃プラスチックのエネルギー利用は、既に大規模な焼却施設で廃プスチックを含むゴミの焼却時に発生する熱を利用して発電や温水利用されています。また、製紙工場では、廃プラスチックと古紙を混ぜてRPFと呼ばれる固形燃料を作り、代替燃料として利用されています。e-PEPは、そのような大規模な施設を持たなくても、事業所単位で低コストに導入することができる画期的なシステムです。
e-PEPシステムで製造した樹脂ペレットをe-PELイーペルといいます。e-PELイーペルは樹脂100%ですので、RPFや木質ペレットにより高い発熱量があり、灯油や重油と同等の安定したエネルギーがあります。

ステラコネクトで
製造された
イーペレ

プラロスで
製造された
イーペレ

■ 発熱量の比較
種類 発熱量
e-PEL(イーペレ) 8,800kcal/kg
灯油 8,640kcal/L
重油A 9,340kcal/L
木質ペレット 4,300kcal/kg
RPF 6,000kcal/kg

  • ステラコネクト


  • プラロス

e-PEPの樹脂ペレット燃料製造機 詳細へ

02燃料費コストを削減したい

通常のボイラーの燃料として使用されるA重油、灯油価格は輸入原料のため安定した価格は得られません。エルコムの樹脂ペレット燃料ハイブリッドボイラーイーヴォルは、国内で廃プラスチック及び廃発泡スチロールをペレット化し、そのペレットを主燃料とするため、外部要因が低く、燃料コストの安定化と大幅なコスト削減に付与します。樹脂ペレットを燃料とする新型ボイラーイーヴォルの利用により、廃棄物から、温水、温風、蒸気のエネルギーを得ることができます。

■ e-PEP導入事例[農業ハウス栽培]

【北海道】農業用ビニールハウスの暖房

ビニールハウス内の温度を外気温と比べて約10℃上昇保持

対象面積:600~700m₂(二重ビニール使用)

※簡易計算であり、ビニールハウスの形状、外気温度、風速、直射日光などで想定広さや温度の変動があります。

メリット
ハウス内加温 / 燃料費削減 / 生産物競争力UP / CSR評価向上


  • イーヴォル

e-PEPの樹脂ペレットボイラー 詳細へ

03自社で廃プラを燃料化させたい

e-PEPシステムで、ユーザー様ご自身で廃プラスチックから熱エネルギーとしてご利用いただけます。熱エネルギーには、温水、温風、そして蒸気利用を可能にしました。お困りになっている廃プラスチックを燃料にし、新たなエネルギー源を確保することで、燃料コストだけではなく、廃プラスチック処理に関わる費用の削減に付与します。

e-PEPシステム導入で新たなエネルギー確保と処分費0へ

■ e-PEP導入事例[食品小売業スーパー]

自社での完全燃料化でコストと環境負荷をカット!

メリット
廃プラ処分費削減 / 容器包装リサイクル率UP / 委託費用削減 / 作業場加温(床暖)/ 燃料コスト削減 / CSR評価向上


  • ステラコネクト


  • プラロス


  • イーヴォル

04CSRを向上させたい

廃プラスチック燃料化でCO2削減

廃プラスチックを企業内でペレット燃料化してエネルギー利用することは、環境に配慮した取り組みとして高く評価されます。e-PELを使用した場合、原油を輸入して精製するA重油に比べ、CO2を75%削減することができます。

■ e-PEP導入事例[食品小売業スーパー]

完全燃焼により、クリーンな排出(国の規制値クリア※)※環境省が定める規制基準値以下

エルコムが開発した樹脂ペレット燃料ハイブリッドボイラーは、廃プラスチックの完全燃焼に必要な炉内の適度な温度と酸素量を維持するエルコム独自の燃焼システム※により安全でクリーンな排気を実現しました。小型で事業所単位で導入が可能なボイラーで、廃プラスチックの地産地消とエネルギー利用を可能にします。

■ 通常燃焼時

■ イーヴォル燃焼時

完全燃焼により有害物質排出規制クリア!

ペレット燃料化対象物例
■ ステラ-コネクトライン

EPS(発泡スチロール)

  • 魚箱

  • 緩衝材

  • ブイなど

■ プラロスライン

PS/PP/PE(ポリスチレン/ポリプロピレン/ポリエチレン)

  • 梱包材

  • 食品トレー

  • 気泡シートなど

上記は一例です。e-PEPでペレット燃料化を御検討されている廃プラスチックのサンプルをお送りいただければ、テストを行っております。お気軽にお問い合わせください。

PS / PP / PEペレットの製造・買取・供給

※1 ペレット化には、(株)エルコム、(株)名濃の2社の技術協力

※2 (株)エルコムが開発製造する廃プラスチック、廃発泡スチロール固形燃料専用ボイラーe-VOLイーヴォル

e-PEPフローと機器


  • 1

    ステラコネクト


  • 2

    プラロス


  • 3

    キュート


  • 4

    イーヴォル

e-PEP紹介ムービー

様々な業種・ビジネスで発生する
廃プラスチックをe-PEPする!!

e-PEPは、様々なビジネスや業種の営業活動で排出される廃プラスチック問題を、
資源の消費、環境への負荷、社会的コストを総合的に最小限に抑えるecoソリューションを提案します。

商品の詳細を電子ブックでご覧いただけます。

お問い合わせ・資料請求

製品に関するご相談など、お気軽にご相談ください

お電話でのご連絡・ご相談

011-727-7003

[受付時間 平日 8:30~17:30]

webでのご連絡・ご相談

お問い合わせフォーム

関連商品


  • 樹脂ペレット燃料ボイラー

    イーヴォル


  • 発泡スチロールペレット製造機

    スチロス-ステラ


  • 廃プラスチックペレット製造機

    プラロス


  • 吸引搬送装置

    キュート