ステラ

スチロスで前処理をした発泡スチロール圧縮物をさらに1/40にペレット化!

  • ステラ/ステラ‐コネクト

    発泡スチロールをペレット燃料化!
    さらに処理後はリサイクル買取可能!
    新発売!スチロスと連結運転が可能なステラ‐コネクト

    製品詳細へ

ステラができること

ステラは、スチロスで減容圧縮された発泡スチロールを効率よくペレット化します。
使用後の処理問題を解決する新たなソリューションです!

recycleflower

発泡スチロールの体積を1/40にペレット化!省スペース+運搬処理コストを大幅カット!

5555

ステラは、スチロスで圧縮減容処理された発泡スチロール圧縮物をスムーズにペレット化します。使用後の処理・運搬に大きな負担がかかる発泡スチロールの体積を1/40までさらに小さく圧縮することができます。省スペース・運搬コストを大幅にカットして、運搬に伴うCO₂の発生を抑制します。ステラは、使用後の諸問題を解決し、発泡スチロールの利便性をさらに高めます。

reduce

ペレットは燃料として買取可能!
石油同等の安定したエネルギー源!

e-PEL-stella1 (400x281)

生成されたペレットは、地球の大切な資源、弊社の樹脂ペレット専用ボイラーの燃料としてリサイクル買取します。発泡スチロールは石油由来の成分で灯油やA重油と同等の高い発熱量があります。専用ボイラーは、温水・暖房用途などの温水ボイラーと製造加工用途などの蒸気ボイラーがあり、生成されたペレットはそのまま自社内の代替燃料としてもお使いいただけます。

user

省エネ・省スペースで運用可能!
運用方法にあわせカスタマイズ!

stellaconnect1

ステラは、スチロスと同様に、熱や溶剤を使わずにペレット化します。嫌な臭いの発生を軽減し、電気代を最小限に抑えます。小型・キャスター付で限られたスペースで運用が可能です。運用方法に応じて、複数排出現場で処理されたスチロス圧縮物と一箇所に集めてペレット化ができる単独タイプと、スチロスと連動してそのままペレット化が可能な連結タイプがあります。

earth

新ソリューション!
もっと地球にやさしいリサイクル!

case_img02-1

日本の発泡スチロールのリサイクル率は、約85.7%(2011年実績)。残りの約15%は、汚れている、処理コストが高いなどの理由で、焼却や埋め立て処分されています。ステラは、これらの未回収の廃発泡スチロールを含め、価値あるペレット燃料に再生します。処理・運搬の環境負荷が従来のリサイクル方法と比べ低く、地産地消のエリア内リサイクルを可能にします。

ステラの特徴

世界初!

熱・溶剤処理をせず、発泡スチロールを破砕・圧縮減容・ペレット燃料化!

POINT1

熱・溶剤不使用!

熱や溶剤を使用しないので、嫌な臭いやランニングコストを抑え、濡れたまま処理ができます。

POINT2

小型・キャスター付き!

大規模な設備が必要だった発泡スチロールの処理工程を、最小限のスペースで行えます。

POINT5

スチロスと連結運転が可能!

独立タイプのほか、スチロスと連動運転が可能な連結タイプがあり、運用方法を選べます。

POINT4

ペレットは運搬・保管が簡単!

液体の灯油やA重油と異なり、ペレット燃料は固体のため運搬や保管が簡単です。

POINT3

ペレットは高いエネルギー源に!

ペレットは安定した燃料として、自社内で利用、またはエリア内でリサイクルができます。

POINT6

エリア内リサイクルの実現!

リサイクル工程で発生するCO₂など環境への負荷を最小限に抑え、廃発泡スチロールをエリア内で有効活用ができます。

スチロス圧縮物をペレット化するペレット燃料製造機について

スチロス処理した圧縮物は、発泡スチロールペレット燃料製造機 ステラでペレット化することができます。ステラには、スチロスの排出先端部と連結が可能なステラ‐コネクトがあり、発泡スチロールからペレット化まで一連の処理を連動運転ですることができます。

ステラの対象物

ステラでペレットにできる発泡スチロールについて

ステラでペレット処理ができる対象は、スチロスで処理されたEPS圧縮物です。

ステラで生成した樹脂ペレットの燃料価値について

廃プラスチックは石炭や石油と比べても同等の高い発熱量があります。ステラで処理された樹脂ペレットは、e-PEL(イーペレ)と呼び、PS樹脂100%です。RPFや木質ペレットにより高い発熱量があり、灯油やA重油と同等の安定したエネルギー源となります。

■ 発熱量の比較
種類 発熱量
e-PEL(イーペレ) 8,800kcal/kg
灯油 8,640kcal/L
A重油 9,340kcal/L
木質ペレット 4,300kcal/kg
RPF 6,000kcal/kg

樹脂ペレットを安全に燃焼させエネルギー回収を可能にする樹脂ペレット専用ボイラーを中心とした廃プラスチックの新たなサーマルリサイクルシステムをにe-PEP(イーペップ)と呼びます。

ステラで処理後の樹脂ペレットの買取・供給について

ステラでペレット処理後は、樹脂ペレットの買取・供給をマネジメントする㈱サントレが樹脂ペレットを有価買取いたします。価格・回収の条件などございますので、詳しくはお問い合せください。

㈱サントレは2015年にエルコムとプラロスの技術協力の㈱名濃、ペレットの流通協力の㈱西原資源との3社で出資・設立した会社です。

樹脂ペレット専用ボイラーについて

ステラでペレット処理後は、樹脂ペレット専用ボイラーにて自社内で温水・温風・蒸気のエネルギー利用ができます。詳しくはお問い合わせください。

商品の詳細を電子ブックでご覧いただけます。

FAQ

Q

現在スチロスを使用しております。ステラ-コネクトは簡単に接続することは可能ですか?

A

今お使いのスチロスに簡単に接続が可能です。ただし、スチロスとステラ-コネクトを連動運転するために、スチロス内部のシーケンサーなどの改造が必要です。スチロス改造費を含め、ステラ-コネクトの御見積をいたしますのでお気軽にご相談ください。

Q

スチロスやステラ-コネクトどちらかで異常が発生した場合は、どうすればいいですか?

A

どちらかの機械で異常が発生した場合、機械の安全装置により、両方の機械の運転が自動停止します。スチロスとステラ-コネクトは簡単に切り離しが可能です。切り離して、異常が発生した機械のメンテナンス(例.異物を取り除くなど)を行って下さい。

Q

ペレットが粉っぽくうまく成形されない時があります。どのように対処したら良いですか?

A

以下の3点をが考えられます。
 1:運転開始後、しばらくは成形部が冷えている為に柔らかいペレットが排出される。
 2:マトリックスが緩んだ状態でスチロスの圧縮状態が未完全の可能性があります。圧縮レベル調整レバーで調整を行ってください。
 3:ローラーユニット又はフラットダイが摩耗している可能性があります。1と2で改善しない場合は弊社までご連絡ください。

ステラの質問一覧

お問い合わせ・資料請求

製品に関するご相談など、お気軽にご相談ください

お電話でのご連絡・ご相談

011-727-7003

[受付時間 平日 8:30~17:30]

webでのご連絡・ご相談

お問い合わせフォーム