ステラ/ステラ‐コネクト

発泡スチロールをペレット燃料化!
さらに処理後はリサイクル買取可能!
新発売!スチロスと連結運転が可能なステラ‐コネクト

  • 1/40に圧縮減容

  • リサイクルOK

  • 地球にやさしい

製品概要

recycleflower

1/40にペレット化!

かさばる発泡スチロールの体積を1/40にペレット化します。

reduce

リサイクルOK!

生成したペレットは燃料としてリサイクル買取できます。

clean

小型で省スペース!

限られたスペースで設置ができ、使用に応じて移動ができます。

kourituu@

作業効率UP!

熱・溶剤を使用しないので濡れた発泡スチロールも即処理OK!臭いも軽減!

admin-ajax

低ランニングコスト!

熱を加える必要がないので、電気代を最小限に抑えます。

easy

シンプルな操作方法!

操作が簡単で、スチロスに連結すると連動運転が可能です。

track_icon

運搬・保管が簡単!

生成したペレットは1/40になり、保管・運搬が簡単です。

earth (2)

環境負荷軽減!新エネルギー!

リサイクル工程で発生するCO₂を削減し新たなエネルギーを再生します。

運用方法

img_e-pep_stella - コピー (94x200)

ステラ独立タイプでの運用

独立タイプのステラは、例えば、市町村のリサイクル工場や食品スーパーのリサイクルセンターなどで、点在する複数の事業所で発生する発泡スチロールをスチロスで減容処理をして、一箇所に集約してペレット化するのに最適です。処理や運搬に伴う作業効率を高め、環境負荷を軽減します。

5555

ステラ連結タイプでの運用

スチロス連結タイプのステラ‐コネクトは、一箇所での発生量の多い製造工場や物流センターなどでの運用に最適です。スチロスと連動運転が可能で、破砕・圧縮・ペレット化の一連の処理を効率よく行うことができます。スチロスの先端マトリックスに接続する仕様で、処理能力はスチロス本体に準じます。

case_img02-1

ペレット燃料について

生成されたペレットは、エリア内の弊社の樹脂ペレット専用ボイラーの燃料としてリサイクル買取が可能です。ペレット燃料は灯油やA重油と同等の発熱量があり、代替燃料として自社内でエネルギー利用もできます。燃料の価格変動リスクを抑え、従来燃料コストに比べ約50%の削減ができます。

製品スペック

111
名称 ステラ 〈STELLA〉
型式 ST1-A
処理能力 20~50kg/h
電源 三相200V3.7kW(50Hz/60Hz)
ホッパー寸法(mm) 幅400x奥行360x高さ750
本体寸法(mm) 幅600x奥行770x高さ1,420
本体重量 280kg
成形ペレット
サイズ
φ8㎜
安全装置 ブレーカー型メインスイッチ、非常停止スイッチ

※上記仕様は改良のため、予告なく変更する場合があります。

名称 ステラ ‐コネクト〈STELLA‐CONNECT〉
型式 ST1-A-AQ1
処理能力 30~50kg/h
電源 三相200V5.5kW(50Hz/60Hz)
本体寸法(mm) 幅560x奥行1050x高さ1,060
本体重量 400kg
成形ペレット
サイズ
φ8㎜
安全装置 ブレーカー型メインスイッチ、非常停止スイッチ

※上記仕様は改良のため、予告なく変更する場合があります。

※上記はスチロス‐アクアに連結した場合の仕様です。スチロス部分の電源と寸法・重量は別途。スチロス‐ブイに連結する場合は、スチロス‐コネクト2台となり、処理能力と使用電力は2倍になります。

商品の詳細を電子ブックでご覧いただけます。

FAQ

Q

現在スチロスを使用しております。ステラ-コネクトは簡単に接続することは可能ですか?

A

今お使いのスチロスに簡単に接続が可能です。ただし、スチロスとステラ-コネクトを連動運転するために、スチロス内部のシーケンサーなどの改造が必要です。スチロス改造費を含め、ステラ-コネクトの御見積をいたしますのでお気軽にご相談ください。

Q

スチロスやステラ-コネクトどちらかで異常が発生した場合は、どうすればいいですか?

A

どちらかの機械で異常が発生した場合、機械の安全装置により、両方の機械の運転が自動停止します。スチロスとステラ-コネクトは簡単に切り離しが可能です。切り離して、異常が発生した機械のメンテナンス(例.異物を取り除くなど)を行って下さい。

Q

ペレットが粉っぽくうまく成形されない時があります。どのように対処したら良いですか?

A

以下の3点をが考えられます。
 1:運転開始後、しばらくは成形部が冷えている為に柔らかいペレットが排出される。
 2:マトリックスが緩んだ状態でスチロスの圧縮状態が未完全の可能性があります。圧縮レベル調整レバーで調整を行ってください。
 3:ローラーユニット又はフラットダイが摩耗している可能性があります。1と2で改善しない場合は弊社までご連絡ください。

ステラの質問一覧

お問い合わせ・資料請求

製品に関するご相談など、お気軽にご相談ください

お電話でのご連絡・ご相談

011-727-7003

[受付時間 平日 8:30~17:30]

webでのご連絡・ご相談

お問い合わせフォーム